マスクグループ 3.png

1985年 4月 住友銀行(現 三井住友銀行)入行

1988年 4月 住友銀行ロンドン現地法人

      債券トレーディング部長・リスク管理部長

1993年 4月 メリルリンチ日本証券会社入社

      Managing Director 法人営業本部長

2001年 2月 バンク・オブ・アメリカ証券会社東京支店入社

      常務取締役 兼 資金債券金融商品本部長

      Global Markets Group本社経営会議メンバー※日本人初

2005年 1月 HSBC証券会社東京支店入社 

      Managing Director 債券営業本部長

2008年 8月 HSBC証券会社

      Managing Director グローバル・マーケッツ統括本部長

      兼 香港上海銀行グローバル・マーケッツ統括本部長

2010年 1月 HSBC証券会社代表取締役社長

      兼 グローバル・マーケッツ統括本部長

      兼 香港上海銀行グローバル・マーケッツ統括本部長

2014年 6月 HSBC証券会社退職

2014年 9月 各種国内及び外資系企業会長、最高顧問、相談役に従事

2018年 5月 株式会社ユニマットプレシャス 執行役員副社長

※その他

2009年より現在 京都橘大学客員教授

2015年 USGTF LEVEL Ⅲ ティ−チングプロ

2016年 日中書法協会 書道師範

2017年 米国宝石学会(GIA) 会員

3.png

KENICHI TATSUZAWA

​立澤賢一

PROFILE

スクリーンショット 2020-04-18 5.56.41.png
スクリーンショット 2020-04-18 5.56.53.png
スクリーンショット-2019-09-18-10.14.41-1024x537.p
マスクグループ 3.png

​立澤賢一

PROFILE

東京都生まれ
元HSBC証券会社社長である立澤賢一。

大学1、2年生時は弁護士を目指し猛勉強中でしたが、ある日大学校内で海外大学奨学金留学のポスターを目にし[ボーダーレスの時代]を見据え海外大学に留学することを決意。

立澤式 英語勉強法

そもそも、各学部毎年1名、しかも対象は3年生と4年生。学業成績、TOEFL、論文、英語面接をクリアしなければならなかったのだが、留学を目指すにあたって法律ばかり勉強していたので英語力不足に直面。

 

しかし英語教師を雇うほど家も裕福ではなかった彼はモルモン教宣教師達に二子玉川駅改札で声をかけ、無料で英語を教えてくれるように依頼し毎日のように彼らの部屋に通う作戦を実行する。(もちろん、宣教師達は入信させる意図だったが直前に回避。逃げたと申し上げた方が的確かと思うが。)

 

毎日20時間英語をひたすら勉強し4時間は睡眠学習をする。読み、書き、文法、語彙は自宅で、リスニング、スピーキングは宣教師の元に毎日通い、家でも壁に向かって英語を喋り続け3ヶ月で留学試験に無事合格。

 

両親は自室の壁に向かって英語で話す彼の姿を見て、本気で頭がおかしくなったのではないかと思うほどの集中力だったと言っている。

アルバイトでも類まれな能力を発揮

高校時代、玉川高島屋南館地下一階の婦人靴屋でアルバイトしていた立澤。
婦人靴屋で靴を売り過ぎ、隣の婦人服店の店長から3倍の時給で採用され、毎日1日の店の売り上げ110万円の内100万円を一人で売る。
やるからには徹底的に探求しプロフェッショナルとなる。
販売アルバイトとしてもプロフェッショナルを探求する少年だった。

行動力とハングリー精神

無事、カリフォルニア大学へ留学を果たした立澤は、単身日本からアメリカへと渡米。寮生活になるのだが、大学のルームメイトは映画監督スタンレーキューブリックの息子だった。しかも彼は17歳の高校生なのに大学の授業を夏休みの受講し、自分のセスナ機を操縦してロスアンゼルスの実家に週末に帰るという夏休みを送っていた。彼を見てアメリカの凄さを初体験する。

 

また留学できたからと言っても、英語の授業について行けるほどの英語力は無くアメリカ人の生徒よりも当初4~5倍以上掛けて授業を理解した。

 

多くの寮生が立澤に興味を持ち、日々の遊びにも誘われる。

 

それまでの留学生は、ここで文化に馴染めずに勉強のみに没頭する学生生活になる事が多い中、立澤は英語・法律・青春・友情全てを全力で謳歌していた。お金がなかったので、真夜中にドーナッツ工場に忍び込んでベルトコンベヤーに流れるドーナッツを盗んで空腹を癒したこともあった。

 

そして睡眠時間は毎日2-3時間、校内での授業と恐ろしい量の課題、更には自己学習と友人との青春、正に情熱に包まれた学生時代だった。

 

課題の量の多さに彼は読書のリミッターが破壊され、今でも何の違和感もなく1日に何冊も本を読む事が出来る。

大学卒業後

住友銀行(現三井住友銀行)に新卒で入社。入行2年目の12月個人定期預金23億円を集めて行内全国2位になり、そして25歳でイギリスロンドンに転勤。

ロンドンでは事務、オペレーション、経理、コンプライアンス、リスクマネージメント、デリバティブ、債券トレーダーとして証券マンとしての基礎をみっちり習得する。

数々の実績を作り、30歳で当時米国最大証券会社メリルリンチに転職。2年後の32歳時には全世界営業部門最年少マネージングディレクターの称号を得る。

さらにメリルリンチでの活躍が評価されバンクオブアメリカからヘッドハンティングされ、日本人初本社グローバルマーケッツグループ経営会議メンバーになる。

39歳第1回目退職後約2年間オーストラリアで生活

2003年9月に引退し、それから寒くなる日本から逃避しようと南半球のオーストラリア・ゴールドコースト・サーファーズパラダイスに移住。

 

渡豪当時、目的がなかったので遊び半分に1週間ゴルフスクールでレッスンを受講。その際、自分が経営した方が成功するのでは?と思い、スクール参加後4日目にそのゴルフスクールを買収しオーナーになる。

 

そして1年余りでオーストラリア最大のゴルフ学校へと成長させる。

HSBC証券会社入社

2005年にHSBC証券会社に入社。
2010年に代表取締役に就任。
社長在任中はHSBC証券、史上初の黒字化を達成し維持。
2014年にHSBC証券を退社。

さらなる探究

2014年に第2回目引退後は自身で海外不動産をはじめホテル経営、ダイヤモンド投資運用と実業の傍ら、京都橘大学客員教授、USGTF LEVEL Ⅲ ティ−チングプロ、日中書法協会書道師範、米国宝石学会(GIA) 会員の資格を取得し活動している。

 

HSBC証券退職後、趣味のつもりで始めたゴルフも極めようと猛練習を始めた。

 

多くの時間練習するのは当たり前だが、練習方法もこれがまた面白く非常に理にかなっていた。練習方法の一例だた夜のゴルフ場に忍び込み、暗闇の中でボールの到達目標に目印を置く。

 

見えるのは足元にある自分のボールと目線の先になる目印だけ。周りの景色も見えないので距離感は全く掴めないので、身体に10ヤード、15ヤード、20ヤードの距離感を染み込ませる為に何度も何度も反復練習をしていた。その練習によって鍛え上げた立澤からすれば昼間のゴルフ場でのアプローチはターゲットがはっきりと見えるため楽勝だったとのこと。

 

立澤は経験の有無にかかわらず、分野にかかわらず、何か始めると極めてしまう。溢れる程のバイタリティと一流であれというのを地でいく人物であるのが立澤を表すのに非常に適切かもしれない。