検索

1/4大倉正之助先生との対談動画撮影


新年最初の仕事は能楽師で重要無形文化財総合認定保持者大倉正之助先生と『一流の流儀』の対談動画撮影でした。


お正月ということで特別に約5分間、大倉先生の演奏を贅沢にもプライベートで堪能しました。


世界に評価される日本の伝統文化の礎としての『能楽』は、戦国時代の信長・秀吉家康などの武家衆により磨き上げられたものが芸術文化としての価値を築いております。


私達はその様な伝統を守り、次世代に継承しなければいけません。然し乍ら、現実は中々難しい状況に直面しています。


ここでも、日本政府の緊縮財政政策の影響により、資金的に伝統を継承できない場面に、私達は遭遇しています。


例えば、私が昨日大倉先生にお願いして使わせて頂いた東京都初台にあります登録有形文化財・代々木能舞台は、都内で唯一現存する屋敷内能舞台ですが、浅見家という個人の方が昭和25年から維持・保存されています。何と国からは修繕費等の援助は支給されていないので、全てご自身が自腹を切って、宮大工を雇い舞台施設を守っているのです。


私達は、日本の『伝統』というバトンを次の世代へを渡す責務があるのですが、それを民間だけの力で行わなければいけない厳しい境遇に居ます。由々しき事態ですが、それが現実なのです。


近いうちに、大倉先生と代々木能舞台を経済的に支援できる様なイベントも企画したいと思っております。その際には是非皆さんもご参加ください。大倉先生の演奏は私達の心を浄化して下さいます。



======

変化の激しい要サバイバルな時代を、どう生き残るか?

人生戦略を教える立澤賢一塾

詳細はプロフィールのURLをご確認ください。 https://lounge.dmm.com/detail/4016/ インスタグラムは

@kenichi_tatsuzawa


毎週火曜日夜9時からは無料YouTubeライブは

https://youtube.com/c/TatsuzawaKenichi